福祉住環境コーディネーター
受験対策セミナー

後援:東京商工会議所 渋谷支部/協力:NPO法人 福祉・住環境人材開発センター

福祉住環境コーディネーターとは?

高齢者や障害者にやさしい住まいの作り方をアドバイスするのが、福祉住環境コーディネーターのお仕事。福祉や住まいの専門知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながら、高齢者や障害者が安全で快適な生活を送るための住環境を提案します。

実務経験不要!誰でも受験可能な検定試験

学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。実務経験も問いません。
2級からの受験や、3・2級を同日に受験することも可能です。
※ただし、1級は申込登録の時点で2級に合格されていることが条件です。(2級証書番号が必要です)
介護、医療・看護、建築、福祉用具といった高齢者や障害者のケアに関わる専門職の方や主婦、学生といった一般の方まで、幅広くさまざまな方が受験をしています。

介護・福祉の現場で役立つ知識が身につく!

ケアマネジャーや福祉用具専門相談員の受験者が増えています。介護サービス利用者とその家族の潜在的なニーズをくみ取るために必要な知識を学ぶことのできる検定試験です。
介護の現場では、限られたリソースを組み合わせ、ベストミックスを探らなければなりません。住環境に関する知識が利用者とその家族の満足度を高める解を導くでしょう。

建築やリフォームなど住環境に関わる現場で役立つ知識が身につく!

知識の有無がビジネスに差をつけます。
お客様が住宅の新築やリフォームという一生を左右する買い物をするにあたり、企業選定の決め手とするものは何でしょうか。そのひとつに、営業担当者が自分特有の事情を正確に理解・把握し、それを的確に反映した提案をしてくれるかどうかということが挙げられます。お客様自身も気が付いていなかったニーズを提案することが信用・信頼につながるでしょう。
パンフレットや説明書に書いてあることを読み上げるだけの営業でお客様の信頼を得ることは難しく、知識の有無が状況認識力や提案力の差になって表れます。この検定試験で身に付けることのできる「医療×福祉×建築」の総合的な知識は、必ずや営業における武器となります。

福祉住環境コーディネーター
受験対策セミナーとは

福祉・医療・建築・福祉用具の全分野をまんべくなく受験対策できることを徹底!
この検定の受験者は、福祉、医療、建築、福祉用具という分野にてすでに活躍されているケースも多いようです。すでにこれまでの仕事で培ってきた知識があるから大丈夫だろうと思って勉強をしてみたら、得意分野、不得意分野が顕著に現れ受験勉強のやる気を損ねてしまったという方もたくさんいます。 当セミナーでは、ポイントを絞った効率的な学習方法を学ぶことができます。 各分野をまんべんなく学習できますので、自信をもって本試験に挑むことができます!

ポイントを押さえて頻出問題に強くなる!
本番でのミスをなくすコツを教えます!

過去の出題傾向を徹底的に分析した講義内容。頻出問題で確実に点が取れるようになれば、合格にも近づきます。短時間の問題演習を行い、独学では身につきづらい検定本番の標準解答時間を体験することによって、 短時間でもミスなく答える力をつけます。

過去問題の傾向を熟知したベテラン講師陣による
解答・解説で確実に身につく「正答力」

当セミナーでは、検定試験一発合格を目標にしています。ただテキストを暗記するのではなく、合格を目指してより踏み込んだ勉強をしたい方にオススメです。
解答・解説はもちろん、出題傾向の解説やその対策も講義します。公式セミナーならではの合格に直結する情報で、学習をサポートします。

建築やリフォームなど住環境に関わる現場で役立つ知識が身につく!

当セミナーでは、「予習→講義→復習→試験対策の形成」というプロセスを採用しています。
これは、“自ら学びセミナーで考え、合格への近道を見つける”という姿勢で参加してほしいためです。

福祉住環境コーディネーター検定試験に合格するためには、問題演習の反復が大変に有効です。当セミナーでは、長年、福祉住環境コーディネーター検定試験の出題傾向を分析しており、その分析結果に基づいて作成したオリジナル教材を使って反復学習をすることが、合格への一番の近道だと考えています。
また、経験豊富な講師による解説を聞くことによって理解をさらに深めることができます。予習をしてからセミナーに参加する人とそうでない人では、理解度に大きな差が出ます。講師による解説を理解することで、本試験に合格するための「コツ」を掴むことができるでしょう。 このようなことから、当セミナーの効果を最大限に活用するためには、予習がとても重要になってきます。

※当セミナーが認定した団体の会員(指定団体)は割引価格で受講できます。
【指定団体】一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会(ふくせん)

2級受験対策セミナー 日程&受講料
日程
2019年6月15日(土)
申込期限
2019年6月13日(木)
受講料
【一般】18,800円(税込)
【会員】17,300円(税込)
会場
中野サンプラザ(予定)
東京都中野区中野4-1−1
JR線「中野駅」より徒歩2分
東京メトロ 東西線「中野駅」より徒歩2分
2級受験対策セミナー カリキュラム内容(予定)
時間
内容・講師
9:30~15:00
(昼休憩1時間)
  • 福祉・医療分野の受験対策講義
  • 近日公開
15:00~18:30
  • 建築・福祉用具分野の受験対策講義
  • 近日公開

福祉住環境コーディネーター
受験対策セミナー 受講要項

福祉住環境コーディネーター受験対策セミナーの受講方法をご説明します。
お申込みの方法は、インターネットからお申込みの方法と、お申込書をFAXや郵送でセミナー事務局に送る方法と2通りあります。

STEP1
受講申込み

当サイトの「受験対策セミナー申込み」ページにて、個人情報の取り扱いに関する注意事項をご確認いただき、申込み画面へお進みください。必要事項を入力してお申込みを確定してください。
[FAX/郵送の場合]指定の申込用紙に必要事項を記載の上、FAX(03-3370-8061)または事務局住所まで郵送してください。

※お身体の障害などで、会場設備や受講の際に配慮が必要な場合には、お申し込みの前に当セミナー事務局までご連絡ください。

STEP2
受講料お振り込み

ご登録されたメールアドレスに「申込受付確認メール」をお送りします。 メールには、当セミナー事務局指定の口座情報を明記しておりますので、申し込みから1週間以内に指定の口座に受講料をお振り込みください。
[FAX/郵送の場合]指定の申込用紙に記載の口座へ受講料をお振り込みください。

・2級受講の場合:6月7日(金)以降にお申込みの場合、受講料は即日ご入金ください。受付期限は6月13日(木)です
・お申込みは先着順です。締切前に定員に達した場合、締切日よりも前に受付終了する場合がございます。お早めにお申し込みください。

※払込手数料はご負担ください。
※指定期間内にお振込みがない場合には、受講できない場合がございます。
※セミナー中止の場合を除き、いかなる理由があっても受講料の返金および次回への振替・会場の変更はできません。
※払込受領証は受講のための大事な控えとなりますので、受講票が届くまで大切に保管して下さい。
※受信側のメールの設定などにより、「申込受付確認メール」が届かない場合がございます。届かない場合には、お手数ですが当セミナー事務局までご連絡ください。
※申込締切間近でお申込の場合、受講料を即日入金して頂く場合があります。予めご了承ください。

STEP3
受講票が到着

受講料の入金の確認後、1週間以内に受講票を発送します。

※受講票を紛失された場合、または受講料振込後2週間を過ぎても受講票が届かない場合には、当セミナー事務局までお問い合せ下さい。
※お問い合せがなく受講できなかった場合、当セミナー事務局では責任を負いかねますのでご注意ください。

STEP4
セミナー当日

経験豊富な講師陣が解答・解説を行い、検定試験の傾向と対策も併せて講義します。
合格を目指す皆様のための、一歩進んだ受験対策セミナーです。

セミナー当日は、以下のものをご持参下さい。
・受講票
・福祉住環境コーディネーター検定試験 公式テキスト
・筆記用具

福祉住環境コーディネーター
検定試験ガイド

解答方法はマークシート式

出題形式はマークシート方式です。原則的に4肢択一問題と短文の穴埋め問題が出題されています。4肢択一問題としては、適切または不適切な1肢を選ぶものと、適切な肢を○、不適切な肢を×とする○×の組み合わせを選ぶ問題などがあります。

70点以上で合格!

本試験問題の合格ラインは70点以上です。
問題形式によって配点は異なります。4肢択一問題は2点、短文の穴埋め問題は1点配点となります。

第42回 福祉住環境コーディネーター検定試験(2級・3級)
試験日
7月7日(日)
申込登録期間
4月23日(火)~5月24日(金)
WEB成績票照会期間
7月26日(金)11:00〜8月23日(金)18:00
郵送希望者受付期間
7月26日(金)~8月1日(木)
受験料(税込)
2級:6,480円(税込)
3級:4,320円(税込)

※成績の確認方法はWEB照会です